{foreach $itemMultiCategoryList as $k => $v}{foreach $v as $k2 => $v2}{/foreach}{/foreach}
煎茶パウダー 京番茶

史上初!沖縄での京都・和束茶イベント(その2)

■それで和束茶のうけは?


抹茶を点てるおぶぶ松本

という、お茶事情の沖縄。

煎茶の中の煎茶ともいえる和束茶はどうだったのでしょうか?

今回、かぶせ煎茶、ほうじ茶、きらめきの煎茶、玄米茶、大地の煎茶、抹茶ごこう、うじひかりなどなど9種類のをお楽しみいただきました。



茶殻まで食べられるかぶせ煎茶が人気。

中でも人気だったのが、やはりかぶせ煎茶。

一煎目の玉露のような味わい、
そして、二煎目のさっぱりした味わい。

また、茶殻まで召し上がれるところが、良かったようです。

ただ、一煎目の味わいは、飲みなれないこともあって、
驚かれている方もおられました。



ちょっとぜいたくな玄米茶

そして、意外に人気が高かったのがこちら。

玄米茶。

さんぴん茶を飲みなれている沖縄の方にとって、
香りが強いお茶がお好みなのかもしれません。


■和菓子はやっぱり大人気!


沖縄でも人気のどら焼き

お持ちした和菓子は、5種類。
(どら焼き・水まんじゅう・お菓子どうふ・若鮎・よもぎ大福)

できたてをお持ちするために、飛行機で当日持ち込みました。

参加された方全員のご感想をお聞きすることはできませんでしたが、お聞きした方、皆さまが口々に、

「おいしかった!^v^」とおっしゃってくださいました!



暑いところでは、なおうまい!水まんじゅう

いつものことなのですが、お茶会では、
いろいろな種類の和菓子をお試しいただくために
たくさんお持ちします。

なので、 「食べきれないよー!」という方も出るくらい。

この日も、和菓子をお持ち帰りされたおきゃくさまもおられました!