{foreach $itemMultiCategoryList as $k => $v}{foreach $v as $k2 => $v2}{/foreach}{/foreach}
【宅配便送料変更について】
10/8ご注文分より、1梱包当たりの送料を864円とさせて頂きます。詳しくは以下のページでご確認よろしくお願いいたします。
https://www.obubu.net/oblog/27408.html
煎茶パウダー

第二回茶畑見学会(4)

4.別荘での古きよき日本のだんらん【ワンランク上のお茶会】


別棟の茶室。十分住めそうな大きさ!


山の上の茶畑をおりて、和束(わづか)町の別荘へ。

このお宅は、ここ和束(わづか)町の風景に魅せられた方が、
古民家を改装したお屋敷。

母屋のほかに茶室もあり、庭には、茶つぼ、灯籠、石塔などがおかれた、
本格的な日本庭園もしつらえてあります。

そして、ここのオーナーは、お花が大好きで、庭には、珍しいツバキや桜が
植えられているのです。

このお屋敷は、小高い丘の中腹にあり、眼下には美しくととのえられた、茶畑がひろがっていました。

という、すばらしいお屋敷を、オーナーのご好意により、今回、存分に使わせていただきました〜。
(本当にありがとうございました!!)


あっきーのおてまえにて。

妖精も気に入ってくれたよう。

まずは、お茶室。

母屋から庭をへだてたところにある茶室で、和菓子「茶の花」とお抹茶「うじひかり」をいただきました。

茶の花には、生の茶葉が敷かれているのですが、今回は、こちらのお屋敷のお茶の木の茶葉を使わせていただきました。


茶の花とお抹茶。最高のぜいたく。


煙突が、酒蔵ののおもかげをのこす。

これが、まぼろしの仕込み水の湧く井戸

そして、抹茶を点てる水は、和束(わづか)町にむかしあった造り酒屋の酒蔵の仕込み水。

明治のはじめにできたこの造り酒屋は、今から20年ほどむかしに酒造りをやめてしまいました。

しかしその酒蔵で仕込み水として使っていた井戸の水は、今でもこんこんと湧きつづけており、
その水は、酒の仕込み水として使われていた当時の水と変わることなく、どこまでも透明で、
甘くまろやかな「まぼろしの仕込み水」なのです。

今回、この「まぼろしの仕込み水」を酒蔵のオーナーに特別にお願いしていただいてきたのです。

その水のまろやかなこと。
この水でいれたかぶせ煎茶のとろみは、まるでお酒のようでした。

日ごろ、日本の水ならば、それほど違いはないとお話していた僕たちでしたが、今回その認識を改めることになりそうです!!


わづかのお茶を、わづかの水で、わづかの和菓子と一緒に、和束町で最高の場所にて堪能する。。。。
これ以上のぜいたくっていったいなんだろう?って考えてしまいました。


鉄瓶は、水をさらに甘く、まろやかにする。

別棟の茶室から、母屋にもどると、そこには、いろりにかかった鉄瓶が・・・!


鉄瓶で入れたお水は、さらに甘みが増すといわれているのですが、まぼろしの仕込み水は、いったいどう変化するのでしょうか?

楽しみなところです!

そしてここで、おぶぶのお茶の飲みくらべ。


両手を使って熱心に説明するあっきー


お茶の味わいや収穫の時期、ほうじ茶について、などなどを作った本人みずからが説明させていただきました〜!
「まぼろしの仕込み水」を、いろりにかけた鉄瓶でじっくりと沸かすわけですから、おいしくならないはずがありません。

ホストであるはずの僕たちまで、お茶を堪能してしまいました〜(*o*)


  目次| 4| |