{foreach $itemMultiCategoryList as $k => $v}{foreach $v as $k2 => $v2}{/foreach}{/foreach}
煎茶パウダー 京番茶

お茶の保存方法

届いたお茶、一度に全部は、飲めないですよね。
じゃあ、どうやって保存すれば、いいのでしょう?

お茶を劣化させる4つの条件

お茶を保存の大敵は、以下の4つの条件です。
  酸素
  光
  熱
  湿気

酸素
 お茶は、酸素に触れると、酸化してしまいます。
 ですので、お茶の保存には、空気に触れさせないのがポイントその1です。


  お茶は、紫外線に非常に弱く、光が当たると、お茶に含まれる葉緑素(クロロフィル)が変色し、色が悪くなります。
 ですので、光の当たらないところで保存するのが、ポイントその2です。


 お茶は熱に弱く(※緑茶は特に弱いです。)、温度が高すぎたり、変化が激しいと、風味が変化してしまいます。
 ですので、温度があまり高くなく、変化しにくい場所で保存するのが、ポイントその3です。

湿気
 お茶は、簡単にいえば、木の葉っぱを蒸して乾燥させたものですので、放置すると、湿気てしまいます。
 ですので、乾燥した密閉容器に入れておくのが、ポイントその4です。

以上が、お茶を保存する際の4つのポイントです。

じゃあ具体的にどうやって保存すればいいのでしょうか?

お茶の保存方法その1(短期間の保存の場合)
1ヶ月程度の短期間、お茶の保存をする場合について

お茶の保存方法その2(長期間の保存の場合)
1ヶ月以上の長期間、お茶を保存する場合について

 賞味期限について

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=902&eid=101