{foreach $itemMultiCategoryList as $k => $v}{foreach $v as $k2 => $v2}{/foreach}{/foreach}

宝瓶(ほうひん)の使い方

■おぶぶな宝瓶(ほうひん)の使い方

おぶぶの宝瓶(ほうひん)の使い方ですが、実はとってもカンタンです。

初めての方は、見なれないので、びっくりされるかもしれませんが、カンタンなので、すぐになれると思います。

お茶を淹れる基本的な流れは、急須とおなじ・・・。

宝瓶(ほうひん)
おぶぶの宝瓶(ほうひん)
宝瓶(ほうひん)茶葉の量
茶葉はこのくらいがちょうどいい。

まずは、宝瓶(ほうひん)に茶葉を入れます。


つぎに、お湯をそそぎます。

といっても一煎目は、まず、茶碗にお湯をそそぎ、茶碗をあたため、お湯の温度を下げます。

宝瓶(ほうひん)お湯の量
1煎目のお湯は、まず茶碗にそそぐ。

宝瓶(ほうひん)を暖める
茶碗をあたためているところ・・・。
ふだん着ですんません・・・。


茶碗の外側まで、熱がつたわるまで、しばらく待ちます。


そして、茶碗のお湯をうつします。

【注意点】
ここで実演していおぶぶ店長のあっきーは、ふだん湯ざましを使いません。

湯ざましを使うとそのぶんだけ湯温が下がり、
それにより味わいが変化します。

あっきーの好みは、湯ざましを使わないというものですが、「湯ざましを使うか、どうか?」は、皆さまのお好み次第です。

いろいろと試していただいて、自己流を見つけていただければ、うれしいです♪

宝瓶(ほうひん)と茶碗
茶碗のお湯を宝瓶(ほうひん)へ。

宝瓶(ほうひん)抽出中
お茶を抽出しています。
しばらくお待ちください。。。


お茶を抽出中。

45秒から1分くらい抽出します。


待っていると、1分って長いんですよね〜♪

でも、あせらず、あせらず・・・。

宝瓶(ほうひん)抽出中2
抽出中・・・。
もうしばらくお待ちください。。。
宝瓶(ほうひん)中の様子
茶葉が開いてきました!
ころあいです。茶碗につぎ分けましょう。


茶葉のよりがもどり、ふっくらとひらいてきたら頃合いです。

茶葉が完全に開いてしまうといけません。6割くらい開いてきたくらいが一煎目を淹れる頃合いです。


抽出したお茶を、先ほどあたためた茶碗につぎ分けます。

このとき大事なのは、茶碗5客に少しずつ、均等にお茶をつぎ分けてゆくことです。

均等につぎ分けてゆくつぎ方のことを「回しつぎ」とよびます。

最後の一滴までしぼりきって・・・

宝瓶(ほうひん)抽出完了
抽出完了!茶碗に注ぎます。
このとき大事なのは、回しつぎすること
宝瓶(ほうひん)お茶がはいりました。
お茶がはいりました〜♪

さあ、お茶がはいりましたよ〜♪


どうぞ!!

宝瓶(ほうひん)どうぞ!
どうぞ!!
宝瓶(ほうひん)うまい!
宝瓶(ほうひん)で淹れた茶は・・・、
「うまいっ!」


宝瓶(ほうひん)で淹れたお茶はうまいっ!!

熱くなく、それでいてぬるくないちょうど良い温度。そしてトロ〜リと舌の上をころがってゆく甘みとコク・・・。

飲みこんだあと、さらに口のなかに、味とも香りともつかないまろやかさが、じんわりとひろがってゆく・・・。

・・・宝瓶(ほうひん)で淹れたお茶ならではです♪


そして、一煎目をゆるりと愉しんだら、
つづいて、 二煎目・・・。

宝瓶(ほうひん)茶葉
一煎目を淹れ終わった直後の茶葉
まだ、よりが残っています。

宝瓶(ほうひん)2煎目
二煎目は、やかんから直接、
宝瓶(ほうひん)にお湯をそそぐ。


二煎目は、やかんから直接お湯をそそぎます。

そして、今度は待つことなく、茶碗につぎ分けましょう。一煎目とは、まったくちがった二煎目のすがすがしい香りにきっと驚かれることでしょう。

おぶぶのかぶせ煎茶をお使いいただければ、三〜四煎目くらいまでは、十分に愉しんでいただけます♪

■おぶぶな宝瓶(ほうひん)のここがすごい! おまけ編


おぶぶの宝瓶(ほうひん)は、おいしくお茶を淹れるだけでなく、「茶がらの捨てやすさ」にもこだわっています。

宝瓶(ほうひん)スグレモノ
おぶぶの宝瓶は、スグレモノ♪
宝瓶(ほうひん)ちゃがら
フタをのせるふちの幅が前後でちがう。
このため、茶がらが捨てやすい。


左の写真をよく見てください。
フタをのせるふちの幅が、前後でちがっています。

このちがいは、茶がらを捨てる際に、ふちに茶がらがひっかかりにくくして、茶がらが捨てやすくするための工夫です。


網目に、若干細かい茶葉が残ってしまう場合も


ただ、この宝瓶には、残念なことにひとつだけ弱点があります。
網目から細かい茶葉が入り込んでしまうことがあるのです。

乾かせばある程度取れますし、きちんと乾かして使えば問題ないですが(実際おぶぶや、多くの日本茶インストラクターも使っている商品ですし)、どうしても気になる方は購入を控えていただいたほうがいいかもしれません・・・。窯元さんにも改善をお願いしていますが、繊細で、なかなか難しい部分のようなのです。

宝瓶(ほうひん)
おぶぶの宝瓶(ほうひん)の使い方でした。
以上、あっきーの自宅からお送りいたしました〜♪

→宝瓶(ほうひん)のページにもどる
→宝瓶(ほうひん)セット一覧にもどる
→ページトップにもどる