{foreach $itemMultiCategoryList as $k => $v}{foreach $v as $k2 => $v2}{/foreach}{/foreach}

荒茶(あらちゃ)とは



荒茶(あらちゃ)だから、おいしい!

おぶぶのお茶はすべて荒茶(あらちゃ)!
だから、おいしいのです♪


飲み終わったあとの茶がらの写真
■荒茶(あらちゃ)とは、茶畑でとれたままの茶葉のこと

おぶぶの煎茶は、すべて荒茶(あらちゃ)

荒茶(あらちゃ)・・・。

「こんなコトバ聞いたことがない!」という方も多いのではないでしょうか?

荒茶(あらちゃ)とは、なにか?

荒茶(あらちゃ)とは、
茶畑でとれたままのお茶のことです。

といっても、
花びんの花が、そのままでは、しおれて枯れてしまうように、収穫したお茶の葉もそのままでは、酸化がすすみ、すがすがしい香りもみずみずしい緑色も失われてしまいます。

そのため、収穫した生葉は、その日のうちに製茶工場に運び、蒸して 揉んで 乾燥させ、茶葉の酸化をとめるのです。

このように収穫、製茶しただけの茶葉を荒茶(あらちゃ)と呼びます。

晴れ渡る空の下の茶畑

陳列にならぶたくさんのお茶


できあがった荒茶(あらちゃ)は、相場を通じて、お茶問屋さんのもとへ運ばれます。

そして、問屋さんで荒茶(あらちゃ)は、茶葉の大きさをそろえるためにきざまれたり、ほかの産地の茶葉と合組(ごうぐみ→ブレンド)されたりします。

そうやってできたお茶が、ついに消費者の皆さまのところに届けられるのです。


つまり、荒茶(あらちゃ)とは、
通常のお茶にくらべると、

茶葉がきざまれていないので大きく、
ブレンドがまったくされていない

お茶なのです。

これこそが、荒茶(あらちゃ)の魅力。


荒茶(あらちゃ)の茶葉

風にそよぐ収穫直前の新芽
収穫したばかりの生葉

新緑きざす茶畑で
収穫したばかりの新芽を

その日のうちに工場で、製茶。


茶葉の仕上がりぐあいを確かめるあっきー

できあがったばかりの茶葉

そうして、できあがった茶葉に
それ以上、余計なことはいっさいしない・・・

それが荒茶(あらちゃ)。

これこそが、茶農家が1年がかりで作りあげた茶葉、そのままのすがたなのです。

だから、うまい!


いれたお茶の表面には、
新茶ならではの新芽の産毛がうかぶ

一煎目をいれた直後の
急須の茶葉の香りを楽しむ♪

だから、香りがみずみずしい!

だから、茶がらまで食べられる!


超カンタン!茶がらのおひたし


これが出がらしになった茶葉。リーフ1枚1枚が、まるごとはいってる!

【おぶぶ.com】の煎茶は、すべて荒茶(あらちゃ)で、ご用意しております。
あなたも荒茶(あらちゃ)を楽しんでみてくださいね!

→ページトップに戻る

そして現在は、独自農法でエコファーマーの認定を受けています。

現在では、有機JAS認証の取得はやめ、自分たち独自の農法、基準により、安全と品質を確保し、皆さまにご納得いただけるお茶をお届けしております。 そして、僕たちの生産方式および、生産者としての僕たち自身は、農林水産省が認証するエコファーマーの資格を取得し、また、おぶぶのお茶は、特別栽培農産物です。 エコファーマーとは? 農林水産省が定めた、持続性の高い農業生産方式を推進する生産者を認定する制度
詳しくはこちら