{foreach $itemMultiCategoryList as $k => $v}{foreach $v as $k2 => $v2}{/foreach}{/foreach}
【宅配便送料変更について】
10/8ご注文分より、1梱包当たりの送料を864円とさせて頂きます。詳しくは以下のページでご確認よろしくお願いいたします。
https://www.obubu.net/oblog/27408.html
煎茶パウダー

水出し煎茶(冷茶)の作り方


夏本番を目前にひかえ、涼しげな冷煎茶の作り方♪

作り方は、とっても簡単です。
なので、いきなり作り方にいっちゃいますよ〜。
(説明不要なくらい、簡単なのです・・・。)

火照った心と体には、
とってもおいしい♪


湯冷まし1.5リットルを用意
このまま冷蔵庫に入れるので、 水道水より
ミネラルウォーターや湯冷ましのほうがうまい。
まずは、ミネラルウォーターもしくは湯冷ましを用意します。
(写真では、湯冷ましを用意してみました。)

水の量は、お好みですが、とりあえず1.5リットルを用意。

容器は、冷蔵庫に入ればなんでもOK。
(ちなみに写真は、100円ショップで買った容器です・・・。)

それから、スーパーで売っているお茶パックに
煎茶を入れます。

入れる煎茶も、お好みです。
(渋めのほうが好きな方には、きらめきの煎茶がオススメ)

スーパーで売っているお茶パック
だしパックともいうらしい。

ここに煎茶の茶葉を投入
かぶせ茶よりも渋めのお茶のほうが
うまい気がする

これが出来上がった煎茶パック
お茶パックに入れた煎茶を、湯冷ましに投入。
もう8割以上の作業が完了です。


あとは、ふたをきちんと閉めて冷蔵庫に入れる♪

さっきの煎茶パックを投入

これを冷蔵庫に入れる
この写真は本当に必要なのか?
正直悩みました・・・。
そう、冷蔵庫に入れるだけです・・・。

あとは、一晩寝かせるだけ。
寝る前に作っちゃえば、こっちも、もう寝るだけです。

明日の朝起きるたのしみがひとつ増えます♪
と、料理番組さながらに、もう完成♪

あとはのどをならして飲むだけです!

ちなみに、飲み終わるまで茶葉は出さなくても大丈夫です。
どんどん味が濃くなっていくので、それも醍醐味♪

冷水で仕込んでいるので、渋みが少なく、
熱いお湯で抽出したのとは、一味ちがった味わいです。

口に含んだ瞬間は、思ったより味がしませんが、
のどに流し込んだ後に口に残るすがすがしいあと味が
たまりませんっ!!

ご覧のとおり、めちゃくちゃ簡単なので、
ぜひ一度お試しくださいね♪


これが完成品の水出し煎茶♪
写真は、投入より10時間くらい経ったもの。
熱いお湯で淹れたのとは、
またちがった味わいなのです!

レシピ