このページはメールマガジンのバックナンバーです。毎週、お茶に関する情報満載で、お届けしてます。
購読を希望の方は、ご登録を。登録・購読は、無料です。

« 2/17 なぜアメリカで日本茶なのか? | メイン | 2/19 2つの世界に日本茶の魅力を伝える。 »

2/18 楽しいことを続けるために必要なこと。



日本茶のアメリカツアー

日本茶のアメリカツアー
天井が高くて、開放感のあるリビングにて
お茶会をさせていただきました。

 

この日は、アメリカに駐在されている日本の方の邸宅で「お茶会」、そして毎年恒例のZENCHAでのティーイベントのダブルヘッダー!

ということでまずは、日野さんの邸宅でのお茶会から。

 

コロンバスの郊外にある、日野さんのお宅は、プライベートのゴルフコースに隣接する新興住宅にあり、リビングの窓からは、広々としたゴルフ・コースを眺めることができます。

 

日本茶のアメリカツアー
おうちの裏庭には、ゴルフコースが広がる。
日本茶のアメリカツアー
笑顔であっきーの話を聞いてくれる皆さま

 

そしてこの日集まってくださったのは、日野さんのお友達のみなさん。

日野さんは、日本では編み物教室の先生をなさっていて、アメリカでもハンドクラフトのお仲間がたくさんおられます。

この日は、そんな日野さんのお仲間がたくさん集まってくださいました。

 

アメリカでは、見ることすらなかなかできない、桜もちやぜんざいなどの和菓子と共に、おぶぶのお茶を楽しんでいただきました~♪

 

日本茶のアメリカツアー
おぶぶの桜もち
写真を取り損なってしまったのですが、
実際こんな感じでした!
日本茶のアメリカツアー
この日ご参加くださった皆さまと一緒に

 

そして、お茶会終了後には、お茶の即売会を開始~!!^v^

こちらもなかなか盛況で、安心しました。(お茶がよく売れるとほっとします。。。お金を出すだけの価値を感じてもらえたんだなーって。)

これは去年も実感したことで、とても当たり前のことですが、価値を感じてもらえたら、日本人・アメリカ人問わず、日本茶を飲みたいと思ってくださることです。

飲みたいと思う理由は、人によってぜんぜん違いますが、お茶会をとおして、価値を感じてもらえたということは、とてもうれしいことです。

そして、これからどんどん関係が深くなって、どんなふうに展開していくのかなーって想像すると、とても楽しみです!!

ということで、お力添えくださった日野さん、そしてこの日集まってくださった皆さま、本当にありがとうございました!!

また来年も来れるようにがんばりますね!

 

 


 

そして!

この日の夜は、恒例のZENCHAでのティーイベント!

>>ZENCHAの公式ホームページ

去年に引き続き、ZENCHAの常連さまを集めて、VIP向けのお茶会。

こちらには、日本語の分かる人は一人もいないので、全部英語でインストラクション。

 

日本茶のアメリカツアー
恒例のZENCHAにて。
日本茶のアメリカツアー
右から、ジョアンナさん、あっきー、イチャンさん。2007年4月、京都・和束にて。

 

そして今年は、
2年前にZENCHAのオーナー・イチャンさんと一緒に京都・和束(わづか)の茶畑まで、来て下さったジョアンナさんもニューヨークから駆けつけてくださいました!

 

日本茶のアメリカツアー
今年は、イチャンさんにもたくさんお話いただきました。

 

ZENCHAでのイベントは、今年で3年目。

まだまだ改善の余地がたくさんありますが、
一年目とは比べものにならないくらい、充実した内容になってきました。

ことし、痛感していることは、語学力の不足とビジネスに育てるための戦略の不足・・・。

語学力については、基本的な日常会話には、ほとんど問題がないのですが、ビミョウなニュアンスを伝える言葉がまったく出てこない。(涙)

それゆえ、コミュニケーションが不足し、一番伝えたいことが十分に伝わっていないんだなって言うことがよく分かってきました。(去年までは、そのことにすら気がついていませんでした。)

 

日本茶のアメリカツアー
抹茶を小さな器にとりわけているところ。
日本茶のアメリカツアー
笑顔のジャッキーさんと
茶がらのおひたしを楽しむジョアンナさん。

 

また、戦略については、もっと考え抜かないと、今はまだただのお祭り騒ぎにすぎません。。。涙

来年は、もっと戦略的に動けるようにして、もっともっと楽しく、そして継続できるものにしますので、今しばらく待っていてくださいね。

オーナーのイチャンさん、ありがとうございました!!(もちろんご参加くださった皆さまも!!)

そして、次回4月に京都・和束(わづか)の茶畑で、イチャンさんと再会できることを楽しみにしておりますね!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://obubu.pk.shopserve.jp/mt/mt-tb.cgi/337

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)