このページはメールマガジンのバックナンバーです。毎週、お茶に関する情報満載で、お届けしてます。
購読を希望の方は、ご登録を。登録・購読は、無料です。

« ●NHKの特集におぶぶが出演決定!vol.11 | メイン | ♪もうすぐは~るですね♪ »

絵でみる和束町(わづかちょう)vol.112

■魔法の急須「宝瓶(ほうひん)」好評発売中!!

Vol.112 2006年 3月 17日
おぶぶ.com http://www.obubu.com/

どうも!!

関西の皆さま~
語るあっきーをご覧いただけたでしょうか??

さて、今日の【おぶぶNEWS】は、
優雅に絵画でお送りしますね~♪

タネあかしはのちほど☆

それでは!今日は絵でみる
【おぶぶNEWS】といってみましょう==3


「通称:太鼓山(たいこやま)」
和束町(わづかちょう)の顔のひとつ
奈良時代の王族のお墓(古墳)です。
■絵でみる和束町(わづかちょう)

春の和束川(わづかがわ)

これから桜の季節ですよ~♪

NHKの特集での放送が終わった直後から、たくさんの方からご注文&お問合せをいただきました。

ありがとうございます!

そして、そのなかに僕たちと同じく、
和束町(わづかちょう)に魅せられて、
和束の美しい風景を絵にされている方から
お便りいただきました♪

その方は、小田さんという
大阪府門真市にお住まいのご夫婦。

おふたりは、和束町(わづかちょう)の美しい風景に魅せられ、この美しい田園風景をたくさんの絵にされているとのこと。

そして、絵をとおして、伝わってくるのは、和束町(わづかちょう)に対するあふれんばかりの愛情!


和束町(わづかちょう)の古民家

和束町(わづかちょう)の緑ゆたかな山と茶畑(小田茂さん作)

アトリエ&ギャラリー遊茂庵(ゆうもあ)

小田さんは、1947年岡山生まれ。

55歳のときに自分流に生きることを決意し、絵描きになったそうです。

現在は、和束町(わづかちょう)や大阪の門真を中心に活動され、各地で絵画教室も開かれています。

小田さんのホームページ「スケッチ工房
http://www.h6.dion.ne.jp/~sketch/makino.html

そして、昨年の11月には、ご自身のアトリエ&ギャラリー
  遊茂庵(ゆうもあ)
を和束町に作られました。

小田さんは、和束町の風景・・・

僕たちは、和束町のお茶。

かたちはちがえど、同じように和束町の魅力のとりこになった仲間です。

この町には、人を魅了するなにか魔力のようなものが、あるのかもしれません・・・・。


こちらは、和束町郵便局と和束川
■絵でみる和束町(わづかちょう)ギャラリー

湯谷山(和束富士)


茶畑の風景


廃校になった湯船小学校の木造体育館
■ぶぶづけ食べや~♪

遊茂庵(ゆうもあ)の地図
ごぞんじ、竹谷酒店のとなり^v^

このたびNHKで放送していただき、 多くの方に、和束町(わづかちょう)や和束茶の魅力を知ってもらえる機会を得ることができました。

また、新たな出会いに恵まれました!
ありがとうございました!

今回ご紹介させていただいた小田さま、これからも僕たちがとりこになった和束町の魅力を世界じゅうに発信してゆきましょうね♪

そして、今回あらたに僕たちや和束町(わづかちょう)のことを知ってくださった皆さま!

これからもどんどん和束町とお茶の魅力をお伝えして、あなたをとりこにしちゃいますからね~(笑)

小田さんのホームページはこちらから
http://www.h6.dion.ne.jp/~sketch/

それでは、ご意見ご感想お待ちしております。
info@obubu.com
お茶作りに命をかけたおかげで、パソコンには詳しくない人たちの集まりとなってしまいました。つたない対応しかできない部分もででくると思いますが、なにとぞ、あたたかなまなざしで見守ってやってください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://obubu.pk.shopserve.jp/mt/mt-tb.cgi/108

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)