このページはメールマガジンのバックナンバーです。毎週、お茶に関する情報満載で、お届けしてます。
購読を希望の方は、ご登録を。登録・購読は、無料です。

« 全員!あちこちに集合~♪vol.102 | メイン | トウキョー魔法教室 vol.104 »

魔法の急須 宝瓶(ほうひん)その1 vol.103

おいしいお茶がもっとおいしくなる♪「宝瓶(ほうひん)」ついに発売開始!
『お茶の淹れ方教室』いよいよ来週にせまる!ご予約はこちらです♪

Vol.103 2006年 2月 4日
おぶぶ.com http://www.obubu.com/

どうも!
皆様お待たせいたしました♪

おいしいお茶がさらにおいしくなる
   魔法の急須「宝瓶(ほうひん)」
     ついに発売開始です♪

宝瓶(ほうひん)の魅力は、
 とても一回では語りつくせません!

ですので、全4回に分けてお送りしますよ~!

さあて、今日も元気に【おぶぶNEWS】と
  いってみましょう~!!


今日の主役 宝瓶(ほうひん)
おいしいお茶をもっとおいしくしてくれます♪
■おいしいお茶がもっとおいしくなる♪魔法の急須 宝瓶(ほうひん)
1.宝瓶(ほうひん)とは?
2.おぶぶの宝瓶(ほうひん)は、ここがすごい!
3.おぶぶの宝瓶(ほうひん)は、美濃焼です。
4.宝瓶(ほうひん)の使い方

丸栄竹尾商店さん
日本一の急須タッグです♪
■おぶぶの宝瓶(ほうひん)ついに登場!

長らくお待たせしました!

年末に四日市にある日本一の急須屋さん「丸栄竹尾商店」さんをおとずれてから、早くも1ヶ月が経過しました。

日本一の急須屋さん創業物語はこちら

日本一の急須屋さんを訪れたのは・・・、

ちょっと日があいたのでお忘れの方もおられるかもしれません!

訪れた理由は、宝瓶(ほうひん)という、
    魔法の急須を手に入れるためです。

■宝瓶とは?その1.外見

その宝瓶(ほうひん)とは何なのか?

宝瓶(ほうひん)とは、
「おいしいお茶をもっとおいしくしてくれる
             魔法の急須。」

・・・ですが、
それだけではなんのこっちゃわかりません。

まずは外見!
右の写真のような、ちょうど
急須から取っ手をなくしたような形です。


これが宝瓶(ほうひん)。
おいしいお茶をもっとおいしくしてくれます。


これが蓋碗(がいわん)です。

■宝瓶(ほうひん)の祖先は、蓋碗

なので宝瓶(ほうひん)は、
急須の元祖かと思いきや、蓋碗(がいわん)から変化したものといわれています。

蓋碗(がいわん)とは、左の写真のようなふた付きの茶碗のこと。茶碗にちょくせつ茶葉をいれ、ふたと茶碗のあいだからお茶を飲む茶碗です。

中国茶の世界で、見かけたりしますよね♪

■取っ手がなくて熱くないの?

取っ手がなくて熱くないの?

Iさま

そう!

素朴にそう思いますよね!
ここが宝瓶(ほうひん)でお茶を淹れるとおいしくなるポイントの一つ目なのです♪


宝瓶(ほうひん)は、手のひらサイズ


ぬるめのお湯で淹れるから
取っ手ははいらないのです

■お茶をおいしく淹れる4つポイント

お茶をおいしく淹れるのに、
「4つポイントと2つの秘訣」があると
             いわれています。

4つのポイントとは、
   1.湯の温度
   2.湯の量
   3. 茶葉の量
   4.浸出時間(茶葉をひたす時間)
以上の4つ。

玉露やかぶせ煎茶などの上級な煎茶は、
ある程度ぬるいお湯で淹れたほうがおいしいのです。

なぜか?

 

■甘みとコクは、ぬるめで際立つ

上級な煎茶のおいしさのひとつに、
その上品な甘みやコクがあげられます。

この甘みは、テアニンというアミノ酸によるもの。

そしてこのテアニンは、ぬるめのお湯のほうが
その特徴が際立つのです!

もう、分かっちゃいましたよね♪

宝瓶(ほうひん)に取っ手がない理由は、
熱くて持てないようなお湯を使わないから、
なのです!

さあ、宝瓶(ほうひん)の魅力に
あなたも引き込まれてきましたね~^^

宝瓶(ほうひん)は、本日から発売開始♪

そして、次回以降も、宝瓶(ほうひん)の魅力にさらにせまってゆきますよ~♪こうご期待!


甘みとコクは、テアニンによるもの
■宝瓶(ほうひん)発売開始!ご注文はこちらから♪
宝瓶(ほうひん)の詳細はこちらから


お茶の淹れ方教室では、参加者の方も
宝瓶(ほうひん)で
お茶を淹れていただきます。

お茶の淹れ方教室ご予約はお早めに!

いよいよ来週末に近づいてきました♪

おいしいお茶の淹れ方教室(有楽町)。

今日から発売開始の宝瓶(ほうひん)を
参加者の方に実際に触れてもらって、
お茶を淹れていただきます!

お近くの方は、ぜひ遊びに来てくださいね!
残席も少なくなってきましたので、
ご予約はお早めに♪

ご予約はこちらから!

■新コーナー♪T料理部長のおぶぶなレシピ☆

じゃ~ん!!
【おぶぶNEWS】の新コーナー♪

T料理部長のおぶぶなレシピ☆
です!

今日のレシピは、
「最近ちょっと揚げ物は、くどくて・・・」
という方に最適♪

揚げ物なのにさっぱりしてておいしい!
『茶がらのぶた肉包みあげ』♪

さっそくレシピに行ってみましょう!


今日は、茶がらのぶた肉包みあげ


うす切りのぶた肉に茶がらをのせ、
つつみます。

【材料】

豚肉ロース薄切
  (細切れなどでもOK)150g~180g
小麦粉(適量)
パン粉(適量)
塩、胡椒(適量)
水(適量)
揚げ油(適量)
お茶っ葉(適量)

【作り方】

お茶ガラを用意する。
お肉に塩胡椒をする。
お肉を何枚か使ってお茶っ葉が外に出ないように包みます。(油を使うのでお茶っ葉はよく水気を切って)
包んだものに、小麦粉、お水、パン粉の順で衣をつけます。
(お水だとカロリーが控えめになります、お水の変わりに溶き卵でボリュームUPも)
中温の油であげます。


これに小麦粉、お水、パン粉をまぶす
お水の代わりに溶きたまごを使うと
ボリュームアップ!


これを中温の油で揚げる♪

【T料理部長からのコメント♪】

『茶がらのぶた肉包み揚げ』は、
お肉ばかりで作った物より、さっぱりしていて
食べやすいです。

なので、カロリーも控えめ・・・のハズ!
そしてなにより、
豚肉とお茶の風味は、よくあいます♪

ぜひ一度お試しくださいね~!!


出来あがり~♪野菜と一緒に食べて、さらにヘルシー☆

茶殻(茶がら・茶ガラ)の活用法をもっとみる

■お客様の声♪

今日もお客様の声を紹介させていただきますよ~♪
まずは、北海道の I さまから!

いつも温かいお心遣いありがとうございます。

今日の午後7時頃 お抹茶と在来煎茶届きました。
楽しみにしていた お抹茶さっそく頂きます。

我が家のお茶の消費量の多さに驚かれていらっしゃるとの事
実は 子供が4人いましてみなお茶好きで・・・。
ジュースとかタンサン飲料などあまり飲まずにお茶をいつも頂いています。

体にも良いし経済的にもお徳??と思っています。
しかも、私が渋い位濃いお茶が好きで(特に1番茶・・)
お茶の消費量が多いのも納得でしょうか?

実は、食べ物も農薬の少ないもの 添加物の少ないもの
こだわっています。
ですのでお茶も信頼の出来る所とおもっています。
これからもよろしくお願い致します。

(北海道 I さま)
在来煎茶限定抹茶「和束町篤農家ブレンド」をご注文

おぶぶ:信頼できるところ・・・
     ありがとうございます!

     これからも、Iさまの信頼におこたえし、喜んでいただけるように
     精進してゆきますから、声を聞かせてくださいね!

     よろしくお願いします!!

つづいて、奈良県のTさまから~

丁寧なメール、ありがとうございます^-^

今はほうじ茶の深炒りを飲んでいますが、
いままで飲んでいたものより香りもよく甘みが
ありとても満足しています。

ホームページを拝見して、
お茶ってこんなに深いんだなーと感心しています。

また注文しにきますね^-^@

( 奈良県Tさま)
ほうじ茶各種ご注文

おぶぶ:ほうじ茶の香りに満足いただけてとてもうれしいです!

    うちの店長は、たぶんほかのだれよりもほうじ茶を炒るのに
    時間をかけていると思います。

    ほんとにじっくりと丹念に炒っていますので、
    その香りは、びっくりするくらいいい香りです。

    こおばしい香りのなかに、花のようなさわやかな香りがすっとします♪

次は、東京のOさま!

お正月に実家(博多)に帰って、
知覧茶を飲みすっかりファンになってしまいました。

おいしい知覧茶を探していたところなので、とても楽しみにしております。

(東京都Oさま)
知覧茶・和束茶飲みくらべセットをご注文

おぶぶ:ありがとうございます!
     でも、なんだか複雑な気持ちです~^^;

     確かに山口さんつくったの知覧茶は、うまい!!

     知覧茶・和束茶飲みくらべセットは、定番商品となりましたので、
     まだ飲んでいない方、Oさま同様知覧茶好きの方、
     存分に楽しんじゃってくださいね♪

皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしております!
■ぶぶづけ食べや~♪

岐阜県いび茶の里に行ってきました!

宝瓶(ほうひん)、ついに発売開始です!

じつは、けっこう前から「やりたいね!」って話していただけに、皆さまのお手元にお届けできるはこびとなり、とてもうれしいです。

東京での「おいしいお茶の淹れ方教室」も、宝瓶(ほうひん)の話のなかで、出てきたものです。

皆さまに、宝瓶(ほうひん)に触れてもらって、おいしくお茶を淹れてもらえると思うと、とても楽しみです♪

楽しみな反面、遠くて来れないというお客さま、申し訳ない気持ちでいっぱいです。。。

ですので、近くにお住まいの方は、
ぜひ参加してみてくださいね!

自分でもびっくりするほど、おいしいお茶を淹れられますよ♪

お茶の淹れ方教室ご予約はこちらから

それでは、ご意見ご感想お待ちしております。
info@obubu.com
お茶作りに命をかけたおかげで、パソコンには詳しくない人たちの集まりとなってしまいました。つたない対応しかできない部分もででくると思いますが、なにとぞ、あたたかなまなざしで見守ってやってください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://obubu.pk.shopserve.jp/mt/mt-tb.cgi/99

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)