このページはメールマガジンのバックナンバーです。毎週、お茶に関する情報満載で、お届けしてます。
購読を希望の方は、ご登録を。登録・購読は、無料です。

« 『テックス回収』vol_40 | メイン | 『40トンの肥料まき!』vol_42 »

『オリジナルブレンド』vol_41

売れてマス!冬においしい水出し煎茶
Vol.41 2005年 1月 24日発行
おぶぶ.com
どうも!
和束町も最近かなり寒くなってきました。

皆さんの住んでおられる地域では、
雪は降るのでしょうか?

和束町は、4つの県の県境に程近い山間の地なので
夏冬の寒暖の差は結構激しく、
冬には、毎年少しのあいだ雪が積もります。

今年も何度か雪が降っていますが、
そろそろ、積もるかもしれません。

雪の日はコタツに丸まって
   あっついおぶぶすすってたいな~。

  な~んちて!

ということで今週は屋内作業をお届けしますね。
今週も張り切って【おぶぶNEWS】といってみましょう♪

2004年MVPを脇田さんと争った木村さん
なぜか写真に写った木村さんの目は
必ず閉じている
・・・。
■オリジナルブレンド
以前に、僕たちの畑で使う肥料は、
オリジナルブレンドという話をしました。
   ご存じない方はコチラ→vol.23 夜のおシゴト♪パート2

今回は、この冬に使う肥料のブレンドの様子です。

僕たちの茶畑で使う肥料は、
自分たちの好みにあわせて、
自分たちでブレンドしているのです。

ユンボで肥料を混ぜている木村さん

ピット内でブレンド中の肥料
中央付近の水色の物体はユンボのバケット
肥料は、窒素(ちつそ)・燐酸(りんさん)・カリウムが、
3大要素といわれており、肥料と呼ばれているものは、
この3つのうちのどれかが必ず含まれています。
(「むかし学校で習ったな~」って感じですよね♪)

そして、肥料は大きく分けて、
有機肥料と化学肥料の二つに分かれます。

一般的に有機肥料のほうが、
なんだか良いようにいわれていますが、
いちがいには、そうとも言えません。
(このあたりの話はとっても長くなるので、
 また別の機会におハナシしますね♪)
現在、僕たちがブレンドしている肥料の中には、
化学肥料も配合されています。

(4,5年前、僕たちは有機栽培にこだわり、
いろいろと試してみました。

しかしながら、それにより得た結論は、
「ある程度、化学肥料も混ぜたほうが、
おいしいお茶ができる」ということでした。

なので、今のところ化学肥料もブレンドしています。)

ブレンドに用いるのは、
綿かす、なたね油かす、魚かす、
活性有機肥料(有機原料を微生物で活性化させたもの)
化学肥料などなどです。

オリジナルブレンドの肥料
綿かす、菜種油かす、魚かすなどなど


ブレンドした肥料を20kgづつ袋詰めにする
袋詰めには、きんいちくん(写真右)が大活躍
きんいちくん:肥料を分銅ばかりで
均一な重量ずつ出してくれるスグレモノの機械

新茶が収穫できる5月まで、
まだ時間があるので、この時期には、
「緩効性被覆肥料(かんこうせいひふくひりよう)」
と呼ばれる肥料を多めにしてあります。

この肥料は、土や水にゆっくり分解される物質で
肥料成分をコーティングしてあります。

それにより肥料成分がゆっくりと土に溶け出してゆきます。
なので、お茶の木にゆっくりと栄養分を
与えることができるのです。

この時期にお茶の味わいの中核となる味わい(滋味)が
作られるといわれています。

と言われると、なんだか、じっくり効く肥料が
いいんだろうなって気がしますよね♪

実際、この時期にきちんと肥料をやらないと
味わいに奥ゆきのない薄っぺらな味に
なってしまう気がします。
今年の冬にまく予定の肥料は、
合計で40t。(!)

20kg入りの袋にして、2000袋になります。

積みあがったこの肥料の山を前にしただけで
気が遠くなりますが、これはほ~んの一部。

でも、この作業を抜きにして、
おいしいお茶は、ありえません。

滋味を作る作業だけに、地味な作業♪
おあとがヨロシイようで(笑)

20kgの肥料の山ができた
これを全部茶畑にまくのです♪
今月のおぶぶなプレゼント!

現金一万円をお一人様に


熱湯ぶっかけ!『玄米茶』を三名様に

今月のおぶぶなプレゼント!は、



鼻の奥まで もわわ~っとひろがるこうばしさ

を三名様と


現金1万円を一名様に


どど~ん♪とプレゼント!
締め切りは、1/31
(月)マデです♪

今回も、ばば~んとプレゼントいたしますので、ふるってご応募くださいね!!
プレゼントのお申し込みはこちら↓から
http://www.obubu.com/present/present.htm
※前回のプレゼントの当選者発表は、このメールの一番最後にあります。
■お客様の声
どうも~!
お客様の声のコーナーですよ~♪

アメリカはコロラド州でおすし屋さんをやってらっしゃるという、Sさまからのメールです。
コロラドったら、どんなトコロダロ~♪
こんにちは、正月そうそうつまらないメールを送ったコロラドのすし屋です。
 
住んでいるのは、アメリカロッキー山脈の麓、
大学とコンピューター企業があるだけの小さな町ですが、
今ティー(日本、中国茶)が人気になりつつあります。

ただ入れ方が・・、年とともに日本茶とうになりつつある私にとっては、
お茶の葉自体にも不満なのが現実です。

日本食も人気があるのですが、アメリカナイズされているというか、
魚の扱いも知らないシェフが作っているのが多くて困ります。

うちは、日本の魚も積極的に仕入れて、
江戸前シェフですので寿司飯は甘くないですが・・。

おかげで一度は日本に行ったアメリカ人や
地元の知識人の方々には親しんでいただいています。
 
なんてつまらない話はこの辺で、実は三月初めに里帰りするので、
その時そちらの茶畑を見学したいのですが、もちろん購入するつもりです。
(旅行中でそんなに買えませんが)

お茶好きのこちらの友達もいっしょなので、
本当のお茶も味あわせてあげたいのですが、
無理でしょうか?友達は3/7~3/11に京都に滞在予定です。
ちなみに我が夫婦は大阪近郊が実家です。
 
ここからは個人的お願い!。
アメリカでも発送できますか?注文したいのですが・・・。 
アメリカでも、ブラジルでもどんとコイ!です。

和束茶が欲しいという方のもとには、
火星でも土星でも、お届けしちゃいますよ~♪

それから、お茶畑の見学大歓迎ですよ!

イノシシもサルも住むお茶の町「和束町」で、
日本の田舎を堪能してください!
茶畑を見に来られるのであれば、
新茶のシーズンが最も美しい新緑の時期ですので、
その様子を皆さんにも見ていただきたいです。

でもその時期は、収穫に追われに追われているので、
ご案内することは難しくなってしまうんですけれど・・・。

茶畑を見に来られるのであれば、
新茶のシーズンが最も美しい新緑の時期ですので、
その様子を皆さんにも見ていただきたいです。

茶畑の新緑
茶畑を見に来られるのであれば、
新茶のシーズンが最も美しい新緑の時期ですので、
その様子を皆さんにも見ていただきたいです。

でもその時期は、収穫に追われに追われているので、
ご案内することは難しくなってしまうんですけれど・・・。

コロラドでおすし屋さんをされているというSさま。
アメリカで、日本文化を引っさげて、
奮闘されておられる姿が、目に浮かびます。

僕たちも、近い将来、
和束茶を引っさげて、世界じゅうを股にかけたいです♪

世界中からのお便りお待ちしていまーす♪
よろぴくね~!

ご意見・ご感想は、コチラまで↓
info@obubu.com
■ぶぶづけ食べや~♪
ご意見ご感想お待ちしております。
お茶作りに命をかけたおかげで、
パソコンには詳しくない人たちの集まりとなってしまいました。

つたない対応しかできない部分もででくると思いますが、
なにとぞ、あたたかなまなざしで見守ってやってください。
■プレゼント当選者発表
1/17(月)締め切りのおぶぶ名プレゼントの当選者を発表いたします。

■現金1万円の当選者は、
沖縄県 松木さま

■冬においしい『水出し煎茶』の当選者は、
青森県 山田さま
宮城県 尾形さま
大阪府 大谷さま
  に決定しました。おめでとうございます!
当選者の皆様には、のちほど、当選メールを送信いたしますので、
そちらをご確認ください。たくさんのご応募ありがとうございました。
------------------------------------------------------------------------------
■配信停止
配信停止をご希望される方は、以下のページよりお願いいたします。

配信停止希望:まぐまぐより登録の方→こちら
          まぐまぐ以外の方(2004年10月18日以前に登録の方)→こちら

上記でうまくいかない場合は、このメールの本文に
「配信停止希望」とご記入の上、ご返信ください。(news@obubu.com宛となります)
------------------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おぶぶNEWS
・発行元:農事組合法人 百姓王国
・発行責任者:あっきーこと喜多章浩(きたあきひろ)

〒619-1223 京都府相楽郡和束町杣田杣ノ谷2-1(寿緑園内)
TEL:0774-99-6121 / FAX:0774-99-6122
メール:info@obubu.com
ホームページ:【おぶぶ.com】http://www.obubu.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)