このページはメールマガジンのバックナンバーです。毎週、お茶に関する情報満載で、お届けしてます。
購読を希望の方は、ご登録を。登録・購読は、無料です。

« 2004年11月 | メイン | 2005年01月 »

2004年12月27日

『開墾2』vol_38

売れてマス!冬においしい水出し煎茶
Vol.38 2004年 12月 27日発行
おぶぶ.com

どうも!

クリスマスも過ぎて、いよいよ今年もおしまいですね。
2004年の漢字は『災』とのことで、台風や地震など
大変なことが多い年でした。

皆様にとって今年はどんな年でしたか?

僕たちにとって、今年はおぶぶ.comを立ち上げ、
こうして皆様と出会えたことは、
とっても大きく、ハッピーな出来事でした♪

それでは、
いよいよ今年最後の【おぶぶNEWS】といってみましょう!


竹を山積みにして茶畑を疾走する軽トラ
開墾2

赤く囲んだところが、今回開墾する場所。黄色丸は竹を積んだ軽トラと中村さん。
右手前に見えるのは、去年植えたばかりのお茶の苗。
来年の春に向けて、進めている新しい茶畑作りですが、
今回は、暗きょが完成し、天地返しも終了しました。
        前回の模様はコチラ(vol36 開墾 12/14発行)

が、しかーし、実は問題が発生してしまったのです!

その問題とは・・・といきたいんですが、とりあえず
状況を説明しないと、「なにが問題なのか?」が
分からないと思いますので、
いつもながら、セツメイといってみましょう♪

天地返しをおこなうユンボ
運転手は近所の農家の西山ひさかずさん

竹を敷きつめる前の暗きょ
黒い管は、塩ビの繊維でできている
今回の作業は、暗きょ作りの続きと、天地返しです。

暗きょ(あんきょ)とは、「排水やかんがいために
地下に設けた溝」(辞書より)のことで、
茶畑の地下には、排水のための暗きょを作るのです。

なので、茶の木を植える前に、茶畑の中央に溝を掘り、
暗きょをつくります。

掘った溝には、塩化ビニルの繊維でできた管を入れます。

写真の黒い管が、その塩ビの管なのですが、
こいつがなかなかスグレモノです。

繊維でできている管なので、
地上に放置しておいても中に水がたまらず、
地中に敷設すると、管のどこからでも水を管の中に
集めることができるのです。
塩ビの管を敷設したら、その周りに
竹をめいっぱい敷きつめます。

(この竹は、近所の方の竹林からもらったものです。)

竹を周りに敷きつめる理由は、塩ビの管の中に
土が入って詰まってしまうのを防ぐためです。

竹を敷きつめ終わったら、上から土をかけて埋め戻します。

これで暗きょは完成です。

働き者のワイルドマン脇田サン
乾燥しているとはいえケッコウ重い。

本管の周りに竹を敷きつめる
竹の上には、空の肥料袋を敷き、埋め戻す
そして、次に「天地返し」です。

この作業は、茶畑にする土地を1mくらいの深さで
掘り返して、土をゆるめる作業のことです。

普通の畑でも春になったら土を耕すように
苗を植える前に茶畑を耕すようなもんです。

といっても、畑を耕すより、もっと大胆に豪快にやるので
大型のユンボを使って、表面に生えた雑草ごと
がんがん掘り返してゆきます。

さぁて、暗きょ作りと天地返しのセツメイは、
これで終わりです。

それでは、いよいよ冒頭の問題に戻ってみましょう。

暗きょを掘っているときから、懸念されていたのですが、
天地返しを行なって、その問題は、はっきりしました。
その問題とは、この畑の土質は、粘土質が多すぎ、
「このままお茶の苗を植えるには適さない」という
問題です。

お茶の木は、ある程度水はけのよい地質を好みます。

なので、このまま来年の春に苗を植えると、
あまりよくないと判断しました。

とりあえず、来年一年は、このままにしておいて、
暗きょの排水などにより、どのくらい地質が変化するか
様子をみることになりました。

この場所が茶畑として生まれ変わるには、
早くとも4~5年必要でしたが、
さらにもう一年土を乾燥させる時間が必要になりました。

なんとも気の長い話ですよね。
(まぁこれくらいは、けっこう普通の話なんですけどね。)

天地返しの結果、
粘土質が多すぎることが判明。

このままでは、新たに苗を植えられないので
来年一年は、土を乾燥させることになった。
今月のおぶぶなプレゼント!

現金一万円をお一人様に

冬に美味しい「水出し煎茶」を三名様に

今月のおぶぶなプレゼント!は、


冬に美味しい
水出し煎茶

※お湯でも当然おいしいですよ。

冬に美味しい「水出し煎茶」を三名様と


現金1万円を一名様に


どど~ん♪とプレゼント!
締め切りは、12/31(金)
マデです♪
今回も、ばば~んとプレゼントいたしますので、ふるってご応募くださいね!!
プレゼントのお申し込みはこちら↓から
http://www.obubu.com/present/present.htm
※前回のプレゼントの当選者発表は、このメールの一番最後にあります。
■お客様の声
どうも~!
お客様の声のコーナーですよ~♪

さ~て、今回は、熱烈なメルマガ読者であるR.Iさまからのメールです。
はじめまして。
株式会社サムタイムのR.Iと申します。
弊社は食品の企画と通販の会社です。

以前から貴社の「おぶぶNEWS」を
楽しく読ませていただいています。
ありがとうございます。

毎号読ませていただいて、
メルマガの内容がユニークで濃いなあとつくづく感心します。
松本裕和様の知識や教養の高さがにじみ出ています。

また、継続してこのようなすばらしいメルマガを発行されるには日々、
相当な努力と、研究を積み重ねておられるのでしょう。

一番大事なんだろうと思いますが、
読者との交流の深さも感じとれます。

本当にうらやましい限りです。
松本裕和様のようにメルマガを書けるよう
になるのかなあと心配になってきました。

このすばらしい松本裕和様のメルマガを、
わたしのメルマガで紹介させていただきたいのです。

初心者が、しかもまだ創刊前で、
あまりにもあつかましいとは思いましたが、
ぜひぜひお願いします。

わたしのメルマガはこのようなものです。

百聞より一食!手作り職人の味・試食会通信

内容は、月に2~3回、全国こだわりの味の試食会と通販です。

商品は、百貨店、スーパーなどでは見かけない、
数量限定の手作り食品。

それを、試食会を通じて、職人の想い、商品のうんちく、
消費者の本音、疑問、感想などの情報を公開していきます。

■一方的に勝手なお願いで申しわけありません。
また、最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

なにぶんにもインターネットは初心者のわたしです。
どうかご理解、ご指導のほどよろしくお願い申しあげます。
「なんちゅう、ベタ褒めなメールなんやろか」と思いつつ、
気持ちよくなっていたのですが、最後まで読んで
相互広告の依頼だったとは、びっくりしました。

あやうく褒めごろされるところでした♪

思わず気持ちよくなってしまいましたが、
ちなみにメルマガは、ヒロが一人で書いてるわけではありません。

そして、「ヒロに、にじみ出るほど知識や教養があるのか?」と
訊かれると、これまたアヤシイところなんですな、コレが(笑)。

そんなハナシは置いといて、
うちの商品も 「百聞より一食!手作り職人の味・試食会通信」で
取上げていただける(?)とのことですので、
僕もとりあえず個人的に読者登録してみました。

僕たちもこの一年、【おぶぶNEWS】やネットショップを通して
多くの方と新しく知り合うことができました。

R.Iさまもメルマガを通してきっとたくさんの方と
お知り合いになるのでしょうね!

僕たちもはじめは恐る恐るでしたが、
気持ちがあれば、何だってできますよ♪
応援してます!

てな感じで、楽しい宣伝広告なんかもOKですので、
ガンガンお便りくださいね~♪
ご意見・ご感想は、コチラまで↓
info@obubu.com
■ぶぶづけ食べや~♪

ヒゲを剃ったワイルドマン脇田サン
かんなり男前に撮れてると思いません♪
実際に畑を開くところから、お茶ができるまでを
おぶぶNEWSの長期シリーズモノにしようと
思っていました。

しかし、いきなり1年間乾燥の時間という
変化の少ない展開になってしまいました。

(さすがに、月一回ペースで土の乾燥の状況を
お伝えしても面白くないですよね?)

自然相手の商売なので、
なかなか思ったふうにはいきませんね。

さぁて、『開墾』に代わる
来年からの新シリーズを考えないと♪
ご意見ご感想お待ちしております。
お茶作りに命をかけたおかげで、
パソコンには詳しくない人たちの集まりとなってしまいました。

つたない対応しかできない部分もででくると思いますが、
なにとぞ、あたたかなまなざしで見守ってやってください。
------------------------------------------------------------------------------
■配信停止
配信停止をご希望される方は、以下のページよりお願いいたします。

配信停止希望:まぐまぐより登録の方→こちら
          まぐまぐ以外の方(2004年10月18日以前に登録の方)→こちら

上記でうまくいかない場合は、このメールの本文に
「配信停止希望」とご記入の上、ご返信ください。(news@obubu.com宛となります)
------------------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おぶぶNEWS
・発行元:農事組合法人 百姓王国
・発行責任者:あっきーこと喜多章浩(きたあきひろ)

〒619-1223 京都府相楽郡和束町杣田杣ノ谷2-1(寿緑園内)
TEL:0774-99-6121 / FAX:0774-99-6122
メール:info@obubu.com
ホームページ:【おぶぶ.com】http://www.obubu.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2004年12月20日

『和束町は今!』vol_37

売れてマス!冬においしい水出し煎茶
Vol.37 2004年 12月 20日発行
おぶぶ.com

どうも!
ラジオから流れてくるのは、
クリスマスソングばかりになってきましたね。

そういや、今週にはクリスマスがやってくるんですよね。
そういうものには、すっかりうとくなってしまいました・・・。

な~んていってたら、
あきちゃん(僕の子供)に怒られてしまいます。
クリスマスプレゼントを忘れるわけにはいきませんからね。

「サンタのおじさんは僕たちにも何かくれればいいのに」
な~んて馬鹿なことを言っていないで
今週も【おぶぶNEWS】といってみましょう!


ちょっと大人っぽい表情のあきら(6つ)
和束町は今!
先日の休みにうちの奥さんと
娘2人(あきら(6歳)とかりん(3歳))を連れて
僕の職場である和束町をドライブしにいきました。

朝から晩までお茶漬けの毎日でしたから、
冬には、たっぷり家族サービスです♪
(って職場である和束町をドライブしにいったくらいで
家族サービスなんて言わせてもらえないですよね・・・。)

そうはいうものの、
かりんちゃんは、茶畑を歩くのが楽しいのか、
急な斜面でも、どんどん登っていってしまいます。

茶畑を散歩するかりんと僕の奥さん
茶畑とかりん
茶畑にはいるとますます小さく見える
山の木々は、ほとんどが散ってしまい、
すっかり冬枯れの様相で、夕方だったのもあるのですが
なんだか物淋しい感じでした。

でも、そんなことはお構いなしに、かりんちゃんひとり
緑の茶畑にからだ半分以上をうずめながら、
ウレシそうな叫び声をあげていました。

お茶の木は、常緑樹なので、
緑の葉をつけたまま、冬を越します。

といっても、春の生まれたばかりの浅緑とは違い、
この時期のお茶の木は、夏の太陽を充分に浴び、
これからの冬の寒さを越えるため、
とても濃ゆい緑色になっています。
それにしても、今年の冬は、暖かいですよね。
和束町の冬も例年に比べてかなり暖かいです。

なんでも、今年は観測史上2番目に、年間の平均気温が
高い年だそうで、なかでも10月11月は
観測史上もっとも気温が高かったそうです。

地震や台風などの大災害が今年は頻発していましたが、
気温にも異常が現われていたようです。

お茶の木にとって冬はしっかり寒いほうがよいので、
暖かい冬は、あまり歓迎できません。なので、
「冬が暖かい」なんて喜んでいられないのです。

冬枯れの和束町

切り倒された茶畑
新しいお茶の木に植え替えるために
お茶の木を切り倒したばかりの茶畑
さて、冬の間に茶畑で行われることのひとつに
茶の木の入替えがあります。

お茶の木にも寿命があり、50~70年を過ぎた茶の木は
木の勢いがなくなってくるのです。

そのため、そのくらいに一度、茶の木を切り倒し、
新しいお茶の苗を植えてやるのです。

切り倒したお茶の木は、お茶供養祭りに奉納したり、
畑で野焼きにしたり、雑木林に移動したりします。
新しく植えたお茶の木は、4~5年経つと、
収穫ができるようになります。

植えたばかりの茶畑で収穫したお茶と
植えて何十年も経ったお茶畑で収穫したお茶では、
当然のことながら、香りや味わいは違ってきます。

と言っても「どちらの方がおいしい」というものでも
ありませんが、味わいに違いがあるのは事実です。

「樹齢何年ものの煎茶」なんていうのも
お出しできたら、面白いですかね?(笑)

今年新たに植えるお茶の木から収穫できる頃に
平均気温が今よりもずっと高くなっている
なんてことがないといいですよね。

こっちは冬枯れなんてありません!
今月のおぶぶなプレゼント!

現金一万円をお一人様に

冬に美味しい「水出し煎茶」を三名様に

今月のおぶぶなプレゼント!は、


冬に美味しい
水出し煎茶

※お湯でも当然おいしいですよ。

冬に美味しい「水出し煎茶」を三名様と


現金1万円を一名様に


どど~ん♪とプレゼント!
締め切りは、12/31(金)
マデです♪
今回も、ばば~んとプレゼントいたしますので、ふるってご応募くださいね!!
プレゼントのお申し込みはこちら↓から
http://www.obubu.com/present/present.htm
※前回のプレゼントの当選者発表は、このメールの一番最後にあります。
■お客様の声
どうも~!
お客様のコーナーですよ~♪
今日は、大阪府のKさまからのお便りです。
Kさまは、ご自分用にうちのお歳暮をご注文してくださいました。
こんばんは、松本様。

ビデオ、今日のお昼に届きました。
ありがとうございました。

早速見せていただきました。
皆さんのお茶づくりに掛ける情熱がヒシヒシと伝わってきました。

うちの職場は19~25才とみんな若いですよ。
半分ぐらいは奈良在住です。

なので、お茶も結構飲んでいるようですが、
それでも和束茶は美味しいと言っていました。

両親のほうはまだ飲んでいないようです。
お正月には飲むと思うのですが・・・。

それでは、今回はお手数をお掛けしました。
これからもヨロシクお願いします!

ビデオのほうですが、喜んでいただけたみたいですね!
ありがとうございます。

今観ると恥ずかしくなるようなことを言いまくっているので、
どんな反応をいただけるか正直どきどきしていた部分もありました。

「おいしいお茶の淹れ方のビデオも欲しい!」との
ご意見を結構いただいていますので、
来年になっちゃいますけれど、作りたいと思います。

できあがり次第みなさまにもお伝えしますね♪
ご意見・ご感想は、コチラまで↓
info@obubu.com
■ぶぶづけ食べや~♪

若い頃のじろう(たぶん20歳前後)
先日、じろうが4Hクラブ(和束町の若者クラブ)の代表として
京都府知事との懇親会に出席してきました。

知事とは京都北部開発の話や、宇治茶の産地表示の
話をすることができたとのことでした。

ほかの仕事でも同じなのかもしれませんが、
農業の場合、いろいろな人に自分たちのの現状を
よく理解してもらうということがとても大事なことです。

農業は、基本的に天候や災害に
大きく影響されてしまうので、そういった場合に、
味方になってくれる人がいなければ、
かなり苦しい状況に追い詰められてしまいます。

来年は、良い天候に恵まれ、災害が起こらなければ
いいのになと心から祈るばかりです。
(ちょっと弱気かな~)
ご意見ご感想お待ちしております。
お茶作りに命をかけたおかげで、
パソコンには詳しくない人たちの集まりとなってしまいました。

つたない対応しかできない部分もででくると思いますが、
なにとぞ、あたたかなまなざしで見守ってやってください。
■プレゼント当選者発表
12月15日締切りの
   おぶぶなプレゼント♪「ほうじ茶(スモーキィ)」
           のご当選者は以下の3名さまに決定いたしました。

大川原 瑞恵さま
高相 栄美さま
志村 雅道さま


ご当選おめでとうございます!
のちほど、ご当選のメールをお送りいたしますので、
そちらのほうをご確認下さい。

今回もたくさんのご応募ありがとうございました。
------------------------------------------------------------------------------
■配信停止
配信停止をご希望される方は、以下のページよりお願いいたします。

配信停止希望:まぐまぐより登録の方→こちら
          まぐまぐ以外の方(2004年10月18日以前に登録の方)→こちら

上記でうまくいかない場合は、このメールの本文に
「配信停止希望」とご記入の上、ご返信ください。(news@obubu.com宛となります)
------------------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おぶぶNEWS
・発行元:農事組合法人 百姓王国
・発行責任者:あっきーこと喜多章浩(きたあきひろ)

〒619-1223 京都府相楽郡和束町杣田杣ノ谷2-1(寿緑園内)
TEL:0774-99-6121 / FAX:0774-99-6122
メール:info@obubu.com
ホームページ:【おぶぶ.com】http://www.obubu.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2004年12月14日

『開墾』vol_36

2004年 百姓王国のお歳暮 今週まで!!
http://www.obubu.com/shohin/oseibo.htm
Vol.36 2004年 12月 13日発行
おぶぶ.com

どうも!
右の写真なんだか分かります?

ただの荒地ですよね。
今はただの荒地にしか見えないこの場所には、
その昔、段々畑があったそうです。

僕たちが和束町に来た頃には、
すでに耕作放棄されており、ご覧のとおりの荒地でした。

今回、この荒地をお茶畑に変えるべく、
開墾することに決めました。

さあて、どうやってこの荒地が
お茶畑になるというのでしょう?

それでは、今週も【おぶぶNEWS】といってみましょう!


20年位前までは、段々畑だったとのこと
開墾
この冬のイベントのひとつ、それがこの荒地の開墾です。

この土地には、20年位前までは、
美しい段々畑が広がっていたそうです。

しかしその後、耕作が放棄され、
今やセイタカアワダチソウをはじめとした
雑草が生い茂る単なる荒地です。

畑は、1年でも耕作を放棄すると、
雑草が生い茂り、再び畑に戻すためには、
多大な労力と時間が必要になってしまいます。

20年も放棄されていたとなると、
山を切り開いて、新しく開墾するのと大差ありません。

段々畑だったなんて聞いても分かりません
右の溝が暗きょになる部分

作業は、僕らの師匠の東本さんと
杉田さんを中心に進む。

左が東本さん、右が杉田さん
なので、山を開くのと同じく、一からやっていきます。

まず一番にやらなければならないことは、
「暗きょ」を作ることです。

「暗きょ」とは、水はけを確保するために土の中に
管を埋め、水の通り道を作ることです。

お茶の木を植えるにあたって、
水はけを確保してやらないと
お茶の木は、うまく成長しません。

そのために暗きょは欠かせないのです。
暗きょを作るには、まず畑の中央になる部分に、
山から谷に向かって、ユンボで深さ1m位の溝を掘ります。

そしてその溝に直径20cmくらいの
塩化ビニルの繊維でできた管を置き、
まわりに右の写真のような竹を何本も置くのです。

そして、その隙間を埋めるように、竹の枝を
どんどん敷き詰めてゆきます。

そうすることによって、塩ビ製の管に土砂が
入り込むのを防ぎ、管が詰まるのを防ぐのです。

チェーンソーで切り倒した竹を
集める杉田さん
切り倒した竹はしばらく放置して
乾燥させてから運びます。
理由は重たいからです。

ユンボで掘った暗きょ
今回の作業は、暗きょの周りに敷き詰める竹を採ること。

竹は、近所の方の山に自生している竹をもらいました。
(こうすることでコストが抑えられマス♪)

これからの作業は、今回の竹を使って暗きょを完成させ、
雑草だらけの土を掘り返して、土を整えるなどなど・・・。

来年の春に、お茶の苗を植えるまで、まだまだ作業は
始まったばかりです。

この畑でお茶が収穫できるまで【おぶぶNEWS】で
ドキュメントしますので、乞うご期待♪

4~5年したら、こんなきれいな茶畑になるのです♪
■2004年 百姓王国のお歳暮 ご予約受付を開始いたしました。

受付は今週で締切りです。
感動を送られる方は、お早めに!!
今月のおぶぶなプレゼント!締切まぢか!

あなたもうるわしきこうばしさの世界へ・・・

(スモーキィ)


を3名さまに!

今回の炒りたては、スモーキィの中でもかなり、キテマス!

プレゼントにお送りするスモーキィの頃には、
自分自身が、どれほどこうばし中毒になっていることやら・・・

さあ、あなたも すばらしき こうばし中毒の世界へ、いざ♪

(2004年12月15日締切り)
↑締切まぢか

今回も、ばば~んとプレゼントいたしますので、ふるってご応募くださいね!!
プレゼントのお申し込みはこちら↓から
http://www.obubu.com/present/present.htm
■お客様の声
どうも~!
今週もお客様の声のですよ~。

今週は、名古屋市で美容室を経営されているSさまよりのメールです。
はじめまして! 私は、愛知県名古屋市で、美容室を営んでおりますSと申します。

私の店では、お客様にお抹茶をお出ししており、大変ご好評いただいております。

今回、HPを拝見させていただき、感銘を受けました。
私も現在27歳で、名古屋市をもっと楽しい町にしたいと思い、
仲間とともにいろいろな活動を行っております。

遠く場所は離れておりますが、同世代のかたがたが、頑張っている事を聞くと、
私もうれしく、力がわいてきます。

さて、本題なのですが、お抹茶(ごこう)(うじひかり)等の商品は、
卸売していただくことはできませんか?

お客様へお出ししておりますと、小売してほしいと言うお客様もおりますし、
できれば、販売もさせていただきたいのですが、いかがでしょうか?

一度御検討くださいませ。 よろしくお願いいたします。
どうもありがとうございます!

僕たちも、同世代の方がいろいろな分野でがんばっているというお話を
耳にすると、本当に心強く、エネルギーがふつふつと湧いてきます。
名古屋と京都と、遠く離れてはいますが、お互いがんばりましょうね!

それから、卸売りですが、大歓迎です♪

卸売りにご興味のあるというお問い合わせも徐々に増えてきております。
来年1月までには、【おぶぶ.com】のホームページ上でも、
卸しのご注文も受けられるようにする予定です。

さ~て、続いて
お抹茶をご注文いただきました、Tさまよりのメールです。
百姓王国 松本様、

抹茶「うじひかり」2個、昨日受け取りました。
ありがとうございました。

すばらしい味です。
今日、近くに住む茶道の先生宅にうかがい、
お庭に面したお茶室で「うじひかり」を点てて
いただきました。先生も味に大変満足の様子でした。

立派な伝統を継承し、また一つの職業で生涯を貫く
松本さん、及び他の若い方々に羨ましさを覚えました。
尊いことだと思います。

「うじひかり」は早いペースでなくなると思いますので、
また注文いたします。
ありがとうございます!!

「すばらしい味」という言葉がいまだに頭の中でこだましています。

あまりのうれしいお言葉に、褒めてもらったことを自慢しているようなので、
【おぶぶNEWS】にのせようかどうしようか、正直迷いました。

まだまだ道半ばですが、僕たちもここまで来るまでに
何度も挫折しそうになりました。

普通に就職した同級生が味わう必要もないような苦労が、
山のようにあり、「いったい自分たちはなにがやりたかったのか」
分からなったことも一度や二度ではありません。

そんなときに、お客様からのうれしい感想を聞くと、、
「ホントにやってて良かったな~」
「俺らこういう声を聞くために、やってきたんやな。」
としみじみ思ってしまいます。

お客様の声のコーナーは、やってる本人たちが、
一番期待しているのかもしれません。

ということで、お便りどしどしお待ちしています。

ご意見・ご感想は、コチラまで↓
info@obubu.com
■ぶぶづけ食べや~♪

静岡県御殿場・小山の皆さん
熱心に話を聴いて下さってうれしかったです。
先日研修の一環ということで、鹿児島と静岡でお茶作りを
されている方が10数名ずつこられました。

今の時期は、それほど僕達の活動が活発ではないので、
あまり見てもらうものがなく、話ばかりで退屈させて
しまったかもしれません。

鹿児島、静岡どちらの話も、最初はインターネットを
通じてでした。遠く離れた人とも、ぐっと近くなれる
インターネットの力は凄いものですよね。
ご意見ご感想お待ちしております。
お茶作りに命をかけたおかげで、
パソコンには詳しくない人たちの集まりとなってしまいました。

つたない対応しかできない部分もででくると思いますが、
なにとぞ、あたたかなまなざしで見守ってやってください。
------------------------------------------------------------------------------
■配信停止
配信停止をご希望される方は、以下のページよりお願いいたします。

配信停止希望:まぐまぐより登録の方→こちら
          まぐまぐ以外の方(2004年10月18日以前に登録の方)→こちら

上記でうまくいかない場合は、このメールの本文に
「配信停止希望」とご記入の上、ご返信ください。(news@obubu.com宛となります)
------------------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おぶぶNEWS
・発行元:農事組合法人 百姓王国
・発行責任者:あっきーこと喜多章浩(きたあきひろ)

〒619-1223 京都府相楽郡和束町杣田杣ノ谷2-1(寿緑園内)
TEL:0774-99-6121 / FAX:0774-99-6122
メール:info@obubu.com
ホームページ:【おぶぶ.com】http://www.obubu.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

通販ページ一覧

取扱商品一覧

お茶関連のキーワード