このページはメールマガジンのバックナンバーです。毎週、お茶に関する情報満載で、お届けしてます。
購読を希望の方は、ご登録を。登録・購読は、無料です。

« 『紅葉』vol_33 | メイン | 『開墾』vol_36 »

『4Hクラブ』vol_34

2004年 百姓王国のお歳暮 ご予約承り中!
http://www.obubu.com/shohin/oseibo.htm
Vol.34 2004年 11月29日発行
おぶぶ.com

どうも!
日に日に秋が深まってきましたね。
和束町も朝晩ぐっと冷え込み、朝がつらい季節になりました。

秋になると、農作業が一段落するので、そのほかの活動が活発になります。
その活発になる活動のひとつが、和束町4Hクラブの活動です。

和束町4Hクラブでは、毎年、秋になると和束茶を広く知ってもらうために、
いろいろな行事に参加しています。

今週は、4Hクラブで参加した、和束町グリーンフェスタの様子と、
京都嵐山での和束茶のキャンペーンの模様をお伝えします。

さあて、今週も元気に【おぶぶNEWS】といってみましょう!

4Hクラブ
和束町の平均年齢は、46.2歳。
その和束町にあって、平均年齢約25歳という組織。

それが、和束町4Hクラブの姿です。

和束町4Hクラブは、19歳から31歳までの
農業関係者17人で構成されており、
和束町では、かなりの若者集団です。

と話を進める前に、「4Hクラブってなに?」
っという感じだと思うので、まずちょっと説明しますね♪

4Hとは、hand(ハンド:手)head(ヘッド:頭)
heart(ハート:心)helth(ヘルス:健康)の
4つの頭文字のHをとったものです。

4Hクラブのオムそば屋。
4Hのオムそばはなかなかイケてる。

定番のりんご飴
飴を溶かして、リンゴに付けているところ
発祥は、今から100年位前のアメリカで、農業を中心に
生活全般のことを学ぶことを目的としてできた組織です。

現在、アメリカの4Hクラブでは
ティーンエージャーを中心に500万人の会員がおり、
青少年の教育組織としては、最大の組織だそうです。
(今回調べてみて、はじめて知りました。
こんなにデカイ組織だったとは、ビックリです。)

さて、日本では、アメリカの4Hクラブをモデルに
昭和23年に作られ、農業をとおして地域や
日本をよりよくしてゆくことを目的としています。

現在、「全国農業青年クラブ連絡協議会」というところが、
組織の中心となっているようですが、
それほど強いつながりのある組織ではありません。

       詳しくは→全国農業青年クラブ連絡協議会HPまで
と、毎度のことですが、ちょこっとの説明が
長くなってしまいましたね。

さてさて、和束町4Hクラブが実際にしていることは、
毎月1回くらい集まり、お互いの情報交換をすることです。
(って飲んでるだけって噂もありますが・・・
かなりアツイお茶談義になることもしばしばです。)

そして、毎年、秋には、和束町グリーンフェスタという、
和束町主催のお祭りで、オムそばとりんご飴の出店を
出しています。

ぶらり嵐山の前にて
まずは、試飲してもらってから。

4Hの販売ブース
出入り口のところなので、人通りは
多いが、黙っていると気づいてもらえない。
今年も、なかなかの盛況でした。
(オムそばは、かなりイケてる。テキヤになれるかも?)

そして、グリーンフェスタの翌日には、
京都の嵐山で、和束茶を広く知ってもらうための
キャンペーンに行って来ました。

「ぶらり嵐山」という、道の駅みたいなところの軒先を
借りて、小さな店を出し、のぼりを持っての客引き。
当日は、雨にもかからわず、多くの人が往来していました。

試飲してもらいながら、和束茶のことをいろいろと
話したりしました。

お茶をとおして、はじめてお会いする人たちと話をする。

なかなかエネルギーのいることですが、
毎日モノいわぬお茶の木を相手にしているので、
見ず知らずの人たちと話すのは、なかなか刺激的です。

販売ブース
ほうじ茶詰め放題の人気が高い
■2004年 百姓王国のお歳暮 ご予約受付を開始いたしました。

たくさんのご注文ありがとうございます。
皆さまの感謝の気持ちに、僕たちの情熱を添えて、贈らせていただきますね。
今月のおぶぶなプレゼント!

あなたもうるわしきこうばしさの世界へ・・・

(スモーキィ)


を3名さまに!

今回の炒りたては、スモーキィの中でもかなり、キテマス!

プレゼントにお送りするスモーキィの頃には、
自分自身が、どれほどこうばし中毒になっていることやら・・・

さあ、あなたも すばらしき こうばし中毒の世界へ、いざ♪

(2004年12月15日締切り)

今回も、ばば~んとプレゼントいたしますので、ふるってご応募くださいね!!
プレゼントのお申し込みはこちら↓から
http://www.obubu.com/present/present.htm
■お客様の声
今週は、玄米茶とほうじ茶をご注文いただきましたIさまからのメールを紹介します。
この方は、調理学校の講義で使っていただけるとのこと。

調理学校の授業の中で
お茶についての講義をします。

それで、本当に良いお茶を飲ませてあげたくて
いろいろ探していたところこちらを見つけました。

煎茶は他のところで買いましたが
こちらの煎茶も飲んでみたいです。

来年の春にまたよろしくおねがいします。
煎茶もうちでよろしくお願いしますね~。
飲まれた皆様のご感想を差し支えなければ送ってくださいね。
どんな感想がくるのか、今からドキドキです♪

続いて、在来煎茶をご注文いただきました、千葉県のN様よりのメールです。
率直な感想で些か恐縮ですが・・・。 
正直言って期待を裏切られたような気がします。

日常は静岡やぶ北茶、来客時は京都一保堂
”薫風”を呑んでいるので
これがリファレンスになります。

当然個人の好みの問題も有りますが、
<香り>と<こく>が乏しく奥行きが足りない気がしました。

価格については、リーズナブルです。

Web上の操作は問題ありませんでしたし、
梱包、配送についても不備な点は見はたりませんでした。

今後の発展とよりよい品質の改良に期待します。
はい(涙)。ありがとうございます。
勉強させていただきます!

お茶というものは嗜好品。
いろいろなご意見をいただくのは、当然のことですが、
「ものたりない」といわれるのは、やはり辛いものです。

でも、声に出して、「ものたりない」といわれると、
逆に安心するのも事実です。

満足してくださっているのか、
それとも「ものたりない」と思っておられるのか、
分からないときが、正直いちばん困ります。

N様のようなご意見、とてもありがたいです。

皆さまがおいしいと思っていただけるお茶を、
ていねいに作っていけるよう、勉強し、努力してゆきますので、
どしどし、皆さまの声を聞かせてくださいね。

お待ちしてます。

ご意見・ご感想は、コチラまで↓
                             info@obubu.com
■ぶぶづけ食べや~♪

曇り空の下の客引き
一番奥がヒロ
モノを売るというのは、楽しいけど、
なかなか大変なことですね。

僕たちは、自分たちで作ったお茶くらいしか、
売って歩いたことはないですが、モノを売るというのは、
なかなか大変なことだと、いつもながら感じます。

見よう見まねで始めた、インターネットショップの
おぶぶ.comですが、立ち上げより
はや、9ヶ月が過ぎました。

今回のようにお客様に直接お茶を販売することと、
ネットショップでお茶を販売することは、
結局のところ、同じことなんだなと、実感しました。

どちらも大切なことは、信用してもらうこと。
これがあってはじめて、商売は成り立つのでしょう。

直接お顔を拝見することができない、
インターネット越しですが、目の前にいるようなつもりで
皆様の信頼にあたいするよう
がんばっていきたいと思っています。

これからもよろしくお願いしますね。
ご意見ご感想お待ちしております。
お茶作りに命をかけたおかげで、
パソコンには詳しくない人たちの集まりとなってしまいました。

つたない対応しかできない部分もででくると思いますが、
なにとぞ、あたたかなまなざしで見守ってやってください。
------------------------------------------------------------------------------
■配信停止
配信停止をご希望される方は、以下のページよりお願いいたします。

配信停止希望:まぐまぐより登録の方→こちら
          まぐまぐ以外の方(2004年10月18日以前に登録の方)→こちら

上記でうまくいかない場合は、このメールの本文に
「配信停止希望」とご記入の上、ご返信ください。(news@obubu.com宛となります)
------------------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おぶぶNEWS
・発行元:農事組合法人 百姓王国
・発行責任者:あっきーこと喜多章浩(きたあきひろ)

〒619-1223 京都府相楽郡和束町杣田杣ノ谷2-1(寿緑園内)
TEL:0774-99-6121 / FAX:0774-99-6122
メール:info@obubu.com
ホームページ:【おぶぶ.com】http://www.obubu.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)