{foreach $itemMultiCategoryList as $k => $v}{foreach $v as $k2 => $v2}{/foreach}{/foreach}
【宅配便送料変更について】
10/8ご注文分より、1梱包当たりの送料を864円とさせて頂きます。詳しくは以下のページでご確認よろしくお願いいたします。
https://www.obubu.net/oblog/27408.html
煎茶パウダー

和菓子・あゆ(鮎)(5尾入)※夏季限定

夏の和菓子「鮎」あゆ

和菓子・鮎(あゆ)メイン

和菓子・鮎(あゆ)

和菓子・鮎(あゆ)顔
夏の風物詩、和菓子・鮎(あゆ)の顔。かわいいでしょ!


夏の和菓子の決定版、和菓子・鮎(あゆ)(わかあゆ)です。

名前のとおり、清流を泳ぐ鮎のかたちをした和菓子。

外側は、小麦粉と卵を主に使った生地でできていて、ほんのりこおばしくて。ふんわりやわらか。

ワンポイントの顔の焼印がかわいらしくって、
食べちゃうのがおしいくらい!

(でも、食べちゃうんですけどーー(^v^)

和菓子・鮎(あゆ)中身
 


そして、この和菓子・鮎(あゆ)の中身には、求肥(ぎゅうひ)もちという、羽二重もちをもっともっとやわらかくてよく伸びるおもちが、入っています。


実は、この和菓子・鮎(あゆ)の中身、関東と関西でぜんぜん違うそうです!

関東では、中にあんこをいれるのが一般的ですが、関西、特に京都では、求肥(ぎゅうひ)もちが一般的。

和菓子・鮎(あゆ)ぎゅうひ餅
これが求肥(ぎゅうひ)
自分の重さで、勝手にふに〜ってなるくらいやわらか♪

自分の重さでかたちが変わるくらい、やわらかな求肥(ぎゅうひ)もち。でも甘さは、ひかえめ。

外側のほんのりこおばしくて ふんわりした生地と、ふに〜〜〜っと、どこまでも伸びる求肥(ぎゅうひ)もちのやわらかなバランスが、とくにおいしいっ!!

和菓子・鮎(あゆ)伸ばすと
やわらかいので、よく伸びる!

それでは、すべて手作りで、しかも職人技なくしては、できない和菓子・鮎(あゆ)ができるまでをご覧ください。

和菓子・鮎(あゆ)できるまで

1.
和菓子・鮎(あゆ)の作り方1
近所の養鶏場直送の卵と、
2.
和菓子・鮎(あゆ)の作り方2
小麦粉などとよく混ぜて
3.
和菓子・鮎(あゆ)の作り方3
裏ごしして生地をつくる。
4.
和菓子・鮎(あゆ)の作り方4
弱火の鉄板に、
5.
和菓子・鮎(あゆ)の作り方5
鮎をイメージして生地を流す
6.
和菓子・鮎(あゆ)の作り方6
ひとつずつ形がちがう^v^↑
7.
和菓子・鮎(あゆ)の作り方7
そこに求肥をのせて
8.
和菓子・鮎(あゆ)の作り方8
生地がふくらんできたら、
9.
和菓子・鮎(あゆ)の作り方9
素手でさっと取りあげて、
10.
和菓子・鮎(あゆ)の作り方10
きゅっとひねって!
11.
和菓子・鮎(あゆ)の作り方11
鮎のかたちになった!
12.
和菓子・鮎(あゆ)の作り方12
このままでもうまそう〜
13.
和菓子・鮎(あゆ)の作り方13
こてをガンガン熱して、
14.
和菓子・鮎(あゆ)の作り方14
鮎の顔を描くと、

いかがですか?

以上が、『和菓子・鮎(あゆ)ができるまで』のすべてです。

すべて手作り、しかも職人技なくしては、作ることができません。

外側のほんのりこおばしくて、ふわりと軽い生地と、ふに〜っとやわらかい求肥(ぎゅうひ)もちのハーモニーが、夏にぴったり☆

夏の和菓子の決定版です!

15.
和菓子・鮎(あゆ)の作り方15
和菓子・鮎(あゆ)の出来上がり〜☆
和菓子・鮎(あゆ)
和菓子・鮎(あゆ)メンバー
和菓子・鮎(あゆ)
お届けイメージ
和菓子・鮎(あゆ)包装イメージ
1尾ずつの包装です。
原材料

卵、砂糖、水飴、小麦粉、もち粉

商品サイズ 和菓子・鮎(あゆ)1尾あたり
長さ10.0cm×幅4.0cm×厚さ2.0cm
内容量 70g×5尾
賞味期限 未開封で発送日より7日、到着次第冷蔵保存

 

ご予約締切日・発送予定日について

 

ご注文はこちらから

和菓子・あゆ(鮎)(5尾入)※夏季限定

予約期間:
2014年06月05日00時00分〜
2014年08月09日23時59分
価格:

1,677円 (税込 1,811円)

[ポイント還元 18ポイント〜]
購入数: 箱(5尾入)
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

 

→FAX・お電話でのご注文はコチラから

おすすめ関連商品 画像をクリックすると、詳しい説明ページが開きます。