OBUBU NEWS
NEWS一覧へ

おぶぶとは、京言葉で「お茶」のこと。そして、京都おぶぶ茶苑のお茶は茶畑直送。通常、市販されている茶葉の90%以上は、ブレンドや火入れ(香りづけ)されていますが、おぶぶのお茶はそういった二次加工を一切せず、茶畑でとれたまんまの茶葉(荒茶)になるだけ手を加えないでお手元にお届けしています。

だから香りが生きている。茶葉のみずみずしい香りが一杯の茶碗の中に生きているのです。そんな茶畑直送のお茶を世界116カ国に発送可能で、現在65カ国以上にお届けしています。

僕自身、一杯のお茶に感動し、20年前、大学を中退して茶作りを始めました。いまだ理想の茶作りへの道は遠いですが、茶作り八〇〇年以上の歴史を持つここ京都・和束から、お茶の感動を世界に、そして農業の魅力を伝えたくて、今日も茶畑に立ち続けています。
お茶でできる、お茶にしかできないことをあなたと一緒にかなえたい!そう思うあなたと共に未来を一緒に作りたい!

茶畑から一杯のお茶まで続く、すてきな物語をあなたと一緒につむいでゆきたいのです。

茶畑直送